しか煮 【しかに】

しか煮 【しかに】

食べる | 2018.02.26 UPDATE

真鶴の郷土料理のひとつ、しか煮。

ソウダガツオ(鰹節などに使われる魚)と玉ねぎを、醤油と砂糖で甘く煮込んだものです。

ソウダガツオは血周りが早いため、築地などに持っていくことができず、漁場のそばでないと食べることができません。

名前の由来は諸説ありますが、ソウダガツオの皮が光っているため、「しかる(光る)」となまったという説があります。

おすすめの食べ方は、ご飯の上にしか煮をかけて、卵を乗っけて食べる「しか煮丼」。

作り方は人によって配分が違うため、地元のいろんな人に聞いてみてくださいね。

< 前の記事へ

TOP

次の記事へ >

関連する記事

はば海苔 【はばのり】

はば海苔 【はばのり】

食べる

2018.02.28 UPDATE

干物 【ひもの】

干物 【ひもの】

食べる

2018.02.28 UPDATE

ナマコ 【なまこ】

ナマコ 【なまこ】

食べる

2018.02.25 UPDATE

ページトップへ

ページトップへ